Fluid

古月夕渚

“部活動をしていた時代謝の悪い私は汗をかいていないだけで手を抜いていると言われた思い出があります。
普段生活している中や映画の演出で汗や、涙、血液、などをよく見かけます。
体液は体の60%を締めているにも関わらず、
特定の箇所から出た極わずかな量の体液は意味のある物となり、
見ている人の心を動かす事が出来る。
さらに色や表情が加わるとどう見えてくるかが更に大きく変わる。そう考えました。
という、
見る人によってどんな表情に見えるか、というテーマをコンセプトに撮影にしました。”

古月夕渚

Image View

List View

Image View

List View