消費される本

佐藤碧海

消費ってなんだろう

本、物語が「消費される」ことを可視化してみた。
文章が抜き取られタイトルだけが残り、普段見えていない消費を表現している。
最近消費という言葉がマイナスな意味で使用されているのをよく見かけたのが制作するきっかけだった。
今回制作された本にどういう感情を抱くか、作者が意図した感情以外を覚えることもあるかもしれない。どのように感じることが正解か分からないが、考え続けることはできる。
また、制作していく最中、本を読むことは物語を楽しむ他に物語を通し自分自身を見つめ直すことができるとも感じた。
そのためこの本を見た後、どのような感情を持つかにより今の自分自身についてもより知ることができるという作品でもある。

銀河鉄道の夜、よだかの星(宮沢賢治)
変身(フランツ・カフカ)
白痴(坂口安吾)
瓶詰め地獄(夢野久作)
斜陽、人間失格(太宰治)
白昼夢(江戸川乱歩)
デミアン(ヘルマン・ヘッセ)
檸檬(梶井基次郎)

佐藤碧海
青森県生まれ。

Image View

List View

Image View

List View