Theater

楠木陽允

モノの舞台演出

モアレという現象を取り入れ、飾る行為と隠す行為の境界を曖昧にする昇降棚。
演劇の舞台では、様々な役があり、対象を際立たせたり、引き立てたり、調和したりと様々な関係性が生まれ舞台の奥行きや物語を作り上げます。Theaterは、オブジェであり、モノを飾る棚です。主役になったりモノの魅力を引き立てたり、また全体に統一感を与え使う人にとっての舞台を作り上げます。

楠木陽允
2022年桑沢デザイン研究所卒業

Image View

List View

Image View

List View