Sesta chair

勝本悠里

快適に仮眠ができるチェア

近年、日本人は世界的にみても睡眠時間が短いことが問題視されています。
その問題を少しでも解消できるよう、私は仮眠をテーマにしたプロダクトを制作しました。
今回は働く世代をメインターゲットとし、このチェアによって正しい仮眠をとり、様々な人のパフォーマンス向上を目的としています。


短時間でぐっすり、目覚めはすっきり。

誰でも良い仮眠が取れるように、安心できる狭さや暗さ、揺れ、姿勢などに着目してデザインしました。また、ユーザーが仮眠に集中できるよう、あえて動きは座るだけになるように工夫しました。
このチェアによりユーザーにとって仮眠が日常的な行為になることを目指しています。

勝本悠里
2000年生まれ 千葉県出身
2022年桑沢デザイン研究所 卒業

Image View

List View

Image View

List View