①「学ぶ、食べる。」グラノーラバーとステーショナリー専門店 KANOLA
②始まりのビート

太田香織


朝は、一日のなかでもっとも集中できる時間。
「学ぶ、食べる。」をコンセプトにグラノーラバーと勉強道具を中心に取り扱う専門店を考えた。
グラノーラバーを食べやすくするための二本の切れ込みの様子は図鑑や説明書の枠線を彷彿とさせ、文字と図形のみの構成にした。集中力があがると言われるブルーをメインカラーにし、勉強時の走り書きの様子を表現した手書き文字を使用。商品名には穀物の香ばしさと知性の香りを感じてほしいという想いを込め、カノラのロゴマークはグラノーラの長方形と鉛筆やペン先をモチーフとした。


熱狂を刻め/静寂を刻め
工場内に響くリズムや音から“脈打つビート”をコンセプトとした。
「熱狂を刻め」では、ガシャンガシャンといった機械音と、少年漫画誌の躍動感に共通点を感じ、音の波形のようなうねる臨場感を表現。
「静寂を刻め」では、スースーザッザッといった一定のリズムと、学習教材等の知的な静けさから水面に拡がる波紋をモチーフに表現した。
工場内の写真を「刻み」、再構築し、ビートという視点から熱く秘めたる情熱を沸き立たせることを目指した。

VD2B アドバタイジングBチーム
AD: 太田香織 D: 喜多久留美、前田碧、遠山麟、朱楠、濱七海

②撮影協力: 折尾大輔(HUB a nice day!)

太田香織

Image View

List View

Image View

List View