読めない流行語

杉本真夕

可読性を下げたタイポグラフィで死語を読む

今はもう死語といわれているかつての流行語、やがて死語となるであろう今の流行語。
一時の流行として色褪せるほど使われ、死んだ語句と言われて忘れ去られる言葉があります。
そこで本書では、70年代〜今までの流行語を、可読性を下げたオリジナルのタイポグラフィで表現します。
可読性を下げることで、何が書かれているのか、そのタイポグラフィが表す語句はなんなのかを考えてもらい、死んでゆく語句を新しく記憶に刻んでもらうことが目的です。

本のサイズ : 220×210
ドイツ装/46ページ
使用した紙
表紙 :NTラシャ 100kg 4切Y目/ボール紙(グレー)
見返し:タント100kg 4切Y目
本文 :風光120kg 4切Y目(白)

参考文献
「日本語俗語辞書」 http://zokugo-dict.com/46n/ncha.htm
「消えゆく日本の俗語・流行語辞典」 大迫 秀樹/東邦出版

杉本真夕
三重県生まれ。
地元の高校を卒業後に桑沢デザイン研究所に入学しビジュアルデザインを学ぶ。
好きな食べ物は焼肉と唐揚げ。犬が好き

Image View

List View

Image View

List View