フレグランスボトル「Kyuu」

宮文秀

屈折現象をテーマに作られたフレグランスボトル

空に漂う香りのようにゆらゆらと漂う「光」と「色」。「視点を変えれば気づく楽しさ」という気持ちをストレートにデザインに落とし込めたいです。自然、幾何学などをテーマにデザインされて、屈折を通してテクスチャーの光学品質を操作して、日常の視点をより面白くなります。

宮文秀
CHINA

2017年に湖南大学プロダクトデザイン学科を卒業した後、グラフィックデザインを学ぶために日本に来て、2019年に桑沢デザイン研究所に入学しました。

Image View

List View

Image View

List View